Keishiro's World

スポンサーリンク
【海外の反応】

【海外の反応】日米首脳公式晩餐会のスピーチで爆笑を取った岸田文雄首相。翌日SNSへ投稿したバイデン大統領が海外で話題に

岸田文雄首相のアメリカ訪問でのユーモア溢れるスピーチとバイデン大統領のSNS投稿への国際的な反応を掘り下げます。日米関係の深さと今後の展望に焦点を当てた内容です。
【海外の反応】

【海外の反応】日本の岸田文雄首相とアメリカのバイデン大統領とのツーショットが話題に「彼らは素晴らしい取引をするだろう」

岸田文雄首相が国賓待遇でアメリカを訪れている中、10日にはSNSで特別な一枚をシェアしたのでした。それは、アメリカ大統領の専用車である「ビースト」の中で撮影されたとみられる、バイデン大統領とのツーショットでした。 投稿では、「バイデン大統領夫妻との夕食会に向かう途中の車内から」と紹介されており、写真には、二人が肩を組み、カメラに向けて笑顔を浮かべている姿が捉えられていました。この写真は、バイデン氏が自分で撮影したものと思われるもので、同じくバイデン大統領も、この写真をSNSに掲載し、「首相を再び迎えることが出来てうれしい」というメッセージを添えたのでした。
【海外の反応】

【海外の反応】日本で迷惑行為を繰り返したジョニー・ソマリがイスラエルで逮捕!「俺はアメリカ人だぞ!」

日本で、飲食店での騒ぎで逮捕され、さらに不法侵入した容疑で起訴されたキック・ストリーマーのジョニー・ソマリが、7日、イスラエルにてライブ配信中に逮捕されたと報じられ、SNSでも話題になっていました。 ジョニー・ソマリは、イスラエルの女性警察官に声をかけ、「お前は悪いビッチだ、お前の人生を変えてやる、ディナーに連れて行ってやる......もうこんなニガーのために働かなくていいんだ」と発言しました。そこへ男性警察官が近付き、下がるように指示したのでした。ジョニー・ソマリが「歩道にいた」と主張する中、男性警察官はジョニー・ソマリを掴み、警察車両に載せたのでした。
スポンサーリンク
【海外の反応】

【海外の反応】ドラゴンボールの巨大壁画がペルーに出現!日本の漫画家鳥山明さんに敬意を表した50人のアーティストが描くキャラクターが海外で話題に

ペルーで、3月1日に死去した漫画家鳥山明さんの肖像と代表作「ドラゴンボール」に登場する70キャラクターを描いた巨大壁画が完成し、24日にお披露目されました。首都リマ、ビクトリア市のパセオ・デ・ラ・リパブリカ通りに設置された壁画は、高さ約6メートル、長さ約110メートルもあり、鳥山先生の世界観を忠実に再現するために、45人のアーティストが集結し、キャラクターの表情やポーズ、色彩などにこだわったて制作したのだそうです。
【海外の反応】

【海外の反応】日本の乾電池のCMがめちゃくちゃかわいいと話題に「カンヌで金賞受賞したんだよ!」

乾電池の自社生産を1931年に開始して以来、品質と耐久性を追求し続けてきたパナソニック。この長い歴史の中で、乾電池の技術革新を重ね、多くの革新的な製品を市場に送り出してきました。特に記憶に残るのは、1923年の「エキセル乾電池」の生産開始、1954年には国産初の完全金属外装乾電池「ナショナル ハイパー」の発売、1983年にはアルカリ乾電池「ナショナル ウルトラネオ」を発売しました。
【海外の反応】

【海外の反応】「それが真実の愛です!」東日本大震災から12年以上が経過した今もなお海底で妻を捜し続ける高松康雄さんが海外で話題に

2011年3月11日、マグニチュード9.0の地震と大津波により、岩手、宮城、福島を中心に東北地方に甚大な被害をもたらした東日本大震災。この未曾有の災害では、約2万人もの尊い命が失われ、家屋やインフラが壊滅的打撃を受けました。 被災地の復興は着実に進められていますが、福島第一原発の問題や家屋の再建、高台移転など、多くの課題が山積みとなっており、発災から12年以上が経過した今もなお、その影響は色濃く残っています。
【海外の反応】

【海外の反応】「私は彼を信じます」大谷翔平選手が行った違法賭博問題についての記者会見に海外が擁護!

大谷翔平選手が水原一平元通訳の違法賭博問題について会見を行い、声明を発表しました。この声明で大谷選手は、長年信頼してきた水原元通訳との信頼関係が崩れたこと、そして自身は賭博や送金に関与していないことを強調しました。水原元通訳が賭博行為を行っていたことを知ったのは最近のことであり、それまでの間、彼は大谷選手やチーム、さらには大谷選手の代理人にもうそをついていたのだそうです。
【海外の反応】

【海外の反応】「人気にさえしてくれれば、全国的に展開されるのに!」サンフランシスコのコンビニでおにぎりプロジェクトをスタートさせたという創作に海外が熱願!

日本のコンビニフードの人気は世界的にも高く、特におにぎりはその手軽さと美味しさで知られています。そんな中、SNS上でDanielle Baskinさんが投稿した、「ロンドン・ブリード市長が7-Elevenと手を組み、サンフランシスコのコンビニに日本式おにぎりをもたらすプロジェクトをスタートさせた」が話題になっていました。 この投稿は、おにぎりの販売店、価格、そして市長の写真入りおにぎりの画像を含んでおり、多くの市民がこのユニークな試みに興奮しました。しかし、実際のところ、この話には意外な真実が隠されていました。市長室の広報担当者が明かしたところによると、市長はこのプロジェクトを知らず、製品の販売にも関与していないとのこと。実際に店舗を訪れてみたものの、そこにおにぎりはありませんでした。
【海外の反応】

【海外の反応】「調査するべきことがたくさんある」大谷翔平選手の通訳を務めていた水原一平氏の違法賭博関与に海外が驚愕!

大谷翔平選手の通訳を務めていた水原一平氏が、ドジャースによって解雇されたことが話題となっています。米国メディアは、水原氏が違法賭博に関与し、大谷選手の資金を不正に使用したと報じており、解雇の背景にはこの問題があることを示唆しています。大谷選手自身は、この問題についてコメントを避け、韓国からの帰国後は通常通りの活動を再開しています。 大谷選手が被害者とされる中、解雇された水原氏は全て自分の責任と述べ、賭博依存症を公にしたことで注目が集まっています。また、違法賭博によって大きな金額が動いたこと、そしてその金額が大谷選手のものであったことが大きな問題となっています。
スポンサーリンク