動物

スポンサーリンク
【海外の反応】

【海外の反応】「なんて魅力的な発見なんだ!」ししおどしで頭をぶつけてもその場を離れようとしないカピバラに海外が愛着

この時期に見ている方もほっこりしてしまうカピバラの露天風呂。1982年の冬に伊豆シャボテン動物園の飼育スタッフがお湯を使ってカピバラの展示場を掃除していた際、湯だまりに足やお尻を浸けてくつろぐカピバラたちの姿を偶然発見しました。このカピバラたちがお風呂好きであることを知った飼育係は、試しに池にお湯を入れてみたところ、カピバラたちは喜んで入浴したことから、「元祖カピバラの露天風呂」が誕生したのだそうです。
【海外の反応】

【海外の反応】「これが天国での生活だ」奈良公園で外国人と鹿がリラックスした状態で撮影された動画が海外で話題に

日本の歴史と自然が息づく場所、奈良公園。この美しい公園は、奈良県奈良市に位置し、1300年以上の歴史を持ちます。広大な面積を誇る奈良公園は、国の特別史跡および名勝に指定されており、多くの寺院や神社、そして自然の美しさに囲まれています。 しかし、この公園を特別な存在にしているのは、その風光明媚な景色や歴史的建造物だけではありません。奈良公園には約1200頭の野生の鹿が生息しており、これらの鹿は公園のシンボルであり、訪れる多くの観光客に喜びを提供しています。奈良の鹿は「天然記念物」に指定され、かつては神の使いとして崇められていました。
【海外の反応】

【海外の反応】「ポケモンにしちゃおうよ!」沖縄県久米島に生息するガイコツパンダホヤが海外で話題に

沖縄県久米島に生息するホヤの仲間であるガイコツパンダホヤ。ジャイアントパンダの顔のような模様と、ガイコツを思わせる白い血管を持つこの生物の正体については長らく謎に包まれていました。2024年2月1日に北海道大学の研究者がこの謎を解き明かしたのですが、この発見は、SNSやメディアを通じて一般からの情報提供が研究の手がかりとなり、ホヤの新種であることが発表される珍しい事例だったのだそうです。
スポンサーリンク
【海外の反応】

【海外の反応】「伝説の生き物だと思ってたよ」下北沢駅で目撃されたたぬきに海外が興奮!

東京の下北沢駅で目撃されたたぬきが話題になっています。 地元では20年も住んでいるが、ここでは姿を見たことがないという声もあるのですが、最近の良い天気のせいで毎日訪れると、見かけた人もいるそうなのです。下北沢の飲食店の従業員は、たぬきが連日やってくると話しており、店の庭で鉢の水を飲んでいるのだとか。お店の方曰く、たぬきは10年間にわたって出産というサイクルを繰り返しており、何回見ても飽きないと語られていました。
【海外の反応】

【海外の反応】「安全な場所へと導いて」羅臼町沖で流氷に閉じ込められたシャチに海外が懸念

6日、北海道の知床羅臼町沖でシャチの群れが一面の流氷に閉じ込められ、わずかな隙間から息継ぎを試みる姿が目撃されました。この緊迫した状況は、地元漁業者からの連絡により明らかになり、少なくとも13頭のシャチ、その中には子どもも含まれていることが確認されました。 海上保安署にも「シャチが流氷に閉じ込められている」との通報がありました。しかし、船が近づけないため救出活動は難航。流氷が海面を覆い尽くし、シャチたちは身動きが取れなくなっていました。
【海外の反応】

【海外の反応】「日本の鶴は実際に火を噴くのか!」タンチョウの神秘的で完璧な瞬間を捉えたその写真に海外が称賛

日本の自然の美しさやその瞬間の捉え方が評価されている写真家の上田孔希さん。上田さんの作品は、自然の色調を大切にし、カメラ性能の向上を活かして決定的瞬間を捉えて、観る人の想像力を刺激し、心に深く印象を残す作品を生み出しています​​​​。 彼の作品は、日本の自然の美しさを表現することに特化しているコンテストで、「第36回日本の自然」写真コンテストのデジタル部門や、「第40回日本の自然」写真コンテストでは、上田さんの作品「摩天崖の午後」が優秀賞を受賞し、注目を集めました。
【海外の反応】

【海外の反応】「2023年度TOP10」今年注目度の高かった記事を10本、10位から順番にご紹介!

皆さん、こんばんは。 いつも感動日本をご覧いただきまして誠にありがとうございます。 今年も残すところ、あとわずかになりましたが、皆さんにとってどんな1年となりましたでしょうか? 今回の感動日本の動画では、今年作成した動画の中で、注目度の高かった動画を10本、10位から順番にご紹介したいと思います。 どんな1年だったかを一緒に振り返ってみましょう。 それでは早速見ていきましょう。
【海外の反応】

【海外の反応】「世界に革命をもたらした」日本が成功させた牛糞から作ったバイオメタンを使用したロケットエンジンの試験に海外が称賛

宇宙探査の新時代が、ここ日本から始まろうとしています。革新的なスタートアップ企業、Interstellar Technologies Inc(IST)が、牛糞から作ったバイオメタンを使用したロケットエンジンの試験に成功しました。これは、持続可能な未来と宇宙の探索を結びつける試みです。 北海道の太平洋スペースポートで2023年12月7日に実施されたこの試射は、青とオレンジの炎を生み出し、10秒間続いたとのこと。このエンジンで使用されたバイオメタンは、近くの酪農場から集められた牛糞から製造されました。
【海外の反応】

【海外の反応】「日本という国と人々はいわば手本ですね」奈良公園と鹿の素晴らしさが海外の愛好家達の間で話題に

奈良公園は、約1,200頭のニホンジカが生息する自然豊かな場所として知られています。この公園に住む鹿たちは、日本固有の種であり、その親しみやすい性格で観光客に人気です。 東大寺や春日大社の周辺など、公園全域に広がる鹿たちは、若草山の周辺を含め、多くの訪問者に親しまれています。公園のシンボルとも言える鹿せんべいを求めて訪問者にお辞儀をする鹿の姿は、多くの人々に愛され、特に海外からの観光客にとって、とても印象深いものとなっており、日本の礼儀正しさを象徴するような印象を与えているようです。鹿せんべいの香りに引き寄せられた鹿たちは、通常は穏やかに近づいてきますが、時折見せるいたずらっぽい振る舞いも、訪問者に楽しい驚きをもたらしています。
スポンサーリンク