文化・歴史

スポンサーリンク
【海外の反応】

【海外の反応】電車のつり革にぶら下がる外国人に海外も激怒!「言い訳のしようもありません」

電車のつり革にぶら下がる外国人の行動が話題に。この行動に対する海外の反応と日本の公共交通機関のマナーについて詳しく紹介しています。
【海外の反応】

【海外の反応】鳥人間コンテスト出場決定した大阪公立大学 堺・風車の会が飛行している人力飛行機動画が話題に

人力飛行機の製作と運用を行なっている学生団体である、大阪公立大学 堺・風車の会。設計から製作、運用、パイロットまで全て学生たちで行なっており、鳥人間コンテストに出場し良い記録を残すことを目指しているのだそうです。 堺・風車の会は元々、社会人の方々が1994年に集まって結成された地域密着の同好会だったそうです。鳥人間コンテストには24回出場し、各部門で優勝を重ね、計6回の優勝と計2回の準優勝という記録を残している強豪団体であり、2022年には、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」の撮影協力も行っているのです。
【海外の反応】

【海外の反応】鶴弥の瓦のCMが全く予想外だと海外で話題に「こんなもの予測できるわけがない」

日本の鶴弥瓦のCMが海外で大反響。予想外の展開とユーモアが評価され、SNSでも話題に。「耐える男たち」のユニークな表現が光る。
スポンサーリンク
【海外の反応】

【海外の反応】日本の乾電池のCMがめちゃくちゃかわいいと話題に「カンヌで金賞受賞したんだよ!」

乾電池の自社生産を1931年に開始して以来、品質と耐久性を追求し続けてきたパナソニック。この長い歴史の中で、乾電池の技術革新を重ね、多くの革新的な製品を市場に送り出してきました。特に記憶に残るのは、1923年の「エキセル乾電池」の生産開始、1954年には国産初の完全金属外装乾電池「ナショナル ハイパー」の発売、1983年にはアルカリ乾電池「ナショナル ウルトラネオ」を発売しました。
【海外の反応】

【海外の反応】「日本の父親たちがかわいそう」異なる意味を持つ日本語の難しい特殊性に海外が困惑

日本語のイントネーションは、まるで言葉のダンスのよう。アクセントの「高低」によって、同じ綴りの言葉でもまったく異なる意味を持ちます。たとえば、「雨」(あめ)と「飴」(あめ)です。どちらも同じ音ですが、アクセントの置き方一つで、天候を指すかお菓子を指すかが変わりますよね。 英語とは異なり、日本語ではこのように拍ごとの「高低」で意味が変わりますが、英語では強弱アクセントがその役割を果たします。これにより、言語に独特のリズムや音の流れが生まれ、日本語の魅力の一つとなっています。
【海外の反応】

【海外の反応】「うまくいくことを願っている!」発射後数秒で空中爆発した小型ロケット「カイロス」が海外で話題に

和歌山県串本町から打ち上げられた小型ロケット「カイロス」が、発射後数秒で空中爆発しました。民間企業スペースワンが手がけるこのプロジェクトは、日本の民間ロケットとして初めて人工衛星を軌道に乗せる野心的な試みでした。事故の原因は現在調査中です。内閣衛星情報センターの小型衛星を搭載していたこのロケットは、清水建設やキヤノン電子など複数の企業からの支援を受けていました。固体燃料を使用し、小型衛星のコンステレーション向けとして期待されていたカイロスですが、この事故で多くの期待に水を差す形となりました。
【海外の反応】

【海外の反応】「イーロンは背後に気をつけた方がいい」マーク・ザッカーバーグが日本の刀鍛冶体験で見せた鋼をたたく儀式が海外で話題に

メタ(Meta)のCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏が先月、極秘に来日しました。ザッカーバーグ氏は、埼玉県にある刀鍛冶の工房「晶平鍛刀道場」で刀鍛冶体験を行いました。工房内で、真っ赤に燃える鉄をたたく男性と一緒に、日本刀を作成する際に元になる鋼(はがね)を最初にひとたたきする儀式を行ったのだそうです。 さらに、ザッカーバーグ氏は日本刀の試し斬りでも腕前を披露し、見事に巻きわらを一刀両断しました。SNSのフォロワーからは「オーマイガー、武士の剣を作ったの? なんて素晴らしい」「あなたは真の忍者になる道を進んでいる」といった賞賛のコメントが寄せられているようでした。
【海外の反応】

【海外の反応】「子供時代の友達を失ったような気分にさせる」ドラゴンボールの作者の漫画家鳥山明さんの訃報に海外が哀悼

日本のポップカルチャーに計り知れない影響を与えた漫画家、鳥山明さんが急性硬膜下血腫のため、68歳でこの世を去りました。1955年愛知県生まれの鳥山さんは、1974年にデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた後、1978年に漫画家デビューを果たし、『ワンダー・アイランド』で才能を世に示しました。 漫画家への道を選んだのは「お金」と「意地」、そんな鳥山さんが世界に送り出した作品群は、今なお多くの人々に愛され続けています。その中でも、1980年に始まった『Dr.スランプ』は、瞬く間に人気を博し、アンドロイドのアラレちゃんを日本中に知らしめました。更に、1984年には『DRAGON BALL』が連載開始。孫悟空の冒険は世界中で累計2億6000万部以上を売り上げ、漫画、アニメ、映画と様々なメディアで愛され続けています。
【海外の反応】

【海外の反応】「本当の『デス・ストランディング』だ!」過酷な地形や狭い道で重宝される歩荷が海外で話題に

古き良き時代の荷運び方法のひとつである歩荷。現代にもその価値を見出しており、人が背負子や棒などを使って荷物を運ぶ、人力輸送の一形態です。この伝統的な運搬方法は、特に山間部や道路が整備されていない地域で重宝されてきました。 歩荷の歴史は古く、人類が荷物を運ぶ手段として直感的に思いつく方法の一つです。古代中国では、人が山道を歩いて物資を運んだ記録があり、日本でも江戸時代には旅人の荷物を運ぶための「かごにん」がいました。
スポンサーリンク